ヤング・サイエンティスト・シンポジウム -Young Scientists Symposium 2015-

Young Scientist Symposiumヤング・サイエンティスト・シンポジウム

ヤング・サイエンティスト・シンポジウム

ヤング・サイエンティスト・シンポジウムは、PhRMAが2013年に発表した、基礎研究に携わる日本人の若手研究者を対象とした人材育成支援プログラム『ヤング・サイエンティスト・プログラム』の一環として実施するものです。
続きを読む

ヤング・サイエンティスト・シンポジウム > ホーム

プログラム

開会挨拶   間野 博行 国立がん研究センター 理事・研究所長
第1部:講演
(大会議室)

13:00-14:40

【モデレーター】
加藤 健 国立がん研究センター中央病院 バイオバンク・トランスレーショナルリサーチ支援室長
中村 健一 国立がん研究センター中央病院 研究企画推進部 部長/JCOG運営事務局長

講演1)

企業と日本のアカデミアがTRで協業するために必要なBio-infrastructureとマインド

廣橋 朋子 ファイザー株式会社 クリニカルリサーチ統括部 オンコロジー領域部長

講演2)

「日本における創薬支援(産学官連携に関するAMEDの取り組みを中心に)」

河野 典厚 日本医療研究開発機構 臨床研究・治験基盤事業部長 創薬戦略部長

講演3)

「米国からの演者によるビデオ講演を調整中」

講演4)

「産学連携による臨床開発の促進の事例:MASTER KEY Projectとは?」

米盛 勧 国立がん研究センター中央病院 乳腺・腫瘍内科

第2部:
ワークショップ/
パネルディスカッション
(セミナーA/B)
14:55-16:15

※人数が少ない場合は、パネルディスカッションのみとなる場合がございます。

a. ワークショップ (小グループに分かれてディスカッションを行います)

【モデレーター】
加藤 健 国立がん研究センター中央病院 バイオバンク・トランスレーショナルリサーチ支援室長

【テーマ】

  1. 「“基礎研究”と“臨床応用”を繋げるために・・・若手(基礎)研究者からの提言(仮)」
  2. 「人材育成について若手研究者が望むこと(仮)」
  3. 「若手研究者がモチベーションを維持するために必要なこと(仮)」
  4. 「米国のTRの現状を学び、現在のTR研究で実際に活かされていること」
b. パネルディスカッション

「Bio-infrastructureを支えるための人材育成をどのように行うか?」

第3部:総括
(大会議室)
16:30-18:00

ワークショップの発表・意見交換

【議論のまとめ】
加藤 健
国立がん研究センター中央病院 バイオバンク・トランスレーショナルリサーチ支援室長

閉会挨拶  

パトリック・ジョンソン PhRMA在日執行委員会委員長
(日本イーライリリー株式会社 代表取締役社長)

懇親会
(セミナーA/B)
18:15-19:30

 

お申し込みフォーム

※人数が少ない場合は、パネルディスカッションのみとなる場合がございます。

お申込みありがとうございます。下記に記入してください。
氏名 [必須]
ふりがな [必須]
※半角カタカナは使用しないでください。
ご所属 [必須]
※大学名、勤務先名を入力してください。
ご経歴[必須]
※可能な範囲でご専門分野につて具体的にご記入ください。
TR研究に携わっていますか? はい  いいえ

携わっている方は、具体的にご記入ください。

電話番号 [必須]
※半角数字で入力してください。
例)03-0000-0000
Eメールアドレス [必須]
Eメールアドレス [必須]
※間違い防止のため同じメールアドレスを入力してください。
第2部の参加ご希望
※人数が少ない場合は、パネルディスカッションのみとなる場合がございます。
ワークショップ  パネルディスカッション
懇親会の参加(参加無料) 希望する  希望しない
来年以降の本セミナー(開催予定)のご案内 希望する  希望しない
ヤング・サイエンティスト・シンポジウム >演者略歴

第1部講演

モデレーター

加藤 健
国立がん研究センター中央病院 バイオバンク・トランスレーショナルリサーチ支援室長
<略歴>
1995年
産業医科大学医学部卒業、九州大学医学部第一内科入局
1997年
九州大学大学院医学系研究院へ進学 医学博士を取得
2004年
国立がんセンター中央病院消化器内科 癌専門修練医
2006年
国立がんセンター中央病院 消化管内科 スタッフ
2012年
国立がん研究センター中央病院 消化管内科 医長
2015年
国立がん研究センター中央病院 バイオバンク・トランスレーショナルリサーチ支援室 室長(併任)

日本内科学会 総合内科専門医 指導医
日本臨床腫瘍学会 評議員 がん薬物療法専門医 指導医
日本食道学会 評議員 食道科認定医
JCOG食道がんグループ事務局

モデレーター

中村 健一
国立がん研究センター中央病院 研究企画推進部 部長/JCOG運営事務局長
<略歴>
1999年3月
京都大学医学部 卒業
1999年5月~2006年3月
京都大学医学部附属病院および関連病院(島根県立中央病院、三菱京都病院等)で外科医として臨床研修を受ける
2006年4月
国立がんセンター JCOGデータセンター 研究支援部門 リサーチレジデント
2008年4月
国立がん研究センターがん対策情報センター企画管理室長/JCOG運営事務局長
2015年4月
国立がん研究センター中央病院 臨床研究支援室長/JCOG運営事務局長
2017年2月
国立がん研究センター中央病院 研究企画推進部 部長/JCOG運営事務局長

講師

廣橋 朋子
ファイザー株式会社 クリニカルリサーチ統括部 オンコロジー領域部長
<略歴>
1997年4月
万有製薬 つくば研究所 創薬研究所 配属
Chemistとして抗肥満薬の創薬開発に従事
1999年2月~
2008年5月
万有製薬 臨床開発研究所 配属
●(1999年~2001年)片頭痛治療薬の臨床開発担当
●(2001年~2002年)小児喘息治療薬(Ph2、1-2歳,2-5歳)の臨床開発担当
●(2001年~2005年)アレルギー性鼻炎治療薬 臨床開発 サブプロジェクトリーダー
●(2005年~2008年)抗癌剤 臨床開発 サブプロジェクトリーダー
2008年6月~
2013年5月
ファイザー株式会社 クリニカルリサーチ統括部 オンコロジー疾患領域部に転職
▶2008年6月~2012年5月Japan Clinical Lead
▶試験レベル(Protocolレベル)での責任者
▶2012年6月~2013年5月Japan Project Lead
▶Project Levelでの責任者
▶上記に追加して,2011年以降は抗がん剤領域でのOpen Innovation(External Collaboration)の担当者(日本の研究者との非臨床試験実施の立案と,コラボレーションの調整担当者)
▶早期開発段階の化合物の評価担当者
2013年6月から現在に至る
ファイザー株式会社 クリニカルリサーチ統括部 オンコロジー領域部長に着任。現在に至る
▶2011年以降は抗がん剤領域でのOpen Innovation(External Collaboration)の担当者(日本の研究者との非臨床試験実施の立案と,コラボレーションの調整担当者)も継続中

講師

河野 典厚
日本医療研究開発機構 臨床研究・治験基盤事業部長 創薬戦略部長
<略歴>
1992年4月 
厚生省入省、薬務局
1995年4月
科学技術庁国際課
2000年5月以降
外務省在インドネシア日本国大使館 一等書記官
2003年7月以降
厚生労働省医薬食品局 安全対策課、審査管理課、医政局経済課 課長補佐
2011年7月
(独)医薬品医療機器総合機構 新薬審査第五部長
2013年7月
厚生労働省医政局研究開発振興課 治験推進室長
2015年10月
(独)医薬品医療機器総合機構 先駆け審査業務調整役
2019年7月
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

講師

米盛 勧
国立がん研究センター中央病院 乳腺・腫瘍内科
<略歴>
1999年
国立国際医療センター内科研修医・呼吸器科レジデントのち、2002年より国立がんセンター中央病院で 腫瘍内科の研鑽を積み、2007年~2010年医薬品医療機器総合機構審査専門員として新薬審査や治験指導を担当した。
2010年以降
国立がん研究センター中央病院乳腺・腫瘍内科/先端医療科医長として、新薬の臨床開発、希少がん領域の臨床開発などを中心に活動している。2014年~2015年米国NCI, FDAにて医薬品臨床開発分野の研究留学を行った。
ヤング・サイエンティスト・シンポジウム >講演内容

講演1

廣橋 朋子
ファイザー株式会社 クリニカルリサーチ統括部 オンコロジー領域部長 

企業と日本のアカデミアがTRで協業するために必要なBio-infrastructureとマインド

ファイザーは,より健康な世界の実現のために,「患者さんの生活を大きく改善する革新的な治療法を提供する」ことを目指し,日々新薬開発に従事しています。また,医薬品の最先端のサイエンスやテクノロジーの応用について,学術研究者やバイオテクノロジー企業とのパートナーシップ構築にも積極的に取り組んでいます。一方で,多くの課題も残っています。その1つが新薬開発の生産性,効率性です。新たなサイエンスの発見からDrug Discoveryを経て臨床試験につなげたとしても,その多くが世の中に出ることはありません。また昨今では複数の薬剤を用いた併用療法により,これまでの治療成績を格段に改善し,がん患者さんの生活の改善に大きく寄与することが求められています。しかし多くの新規抗がん剤が開発される中,最善の併用療法を探索することは容易ではなく,結果として多くの時間と労力が必要になっています。これらの問題点を解決する方法として,トランスレーショナルリサーチ(TR)が挙げられます。トランスレーショナルリサーチ(TR)は,基礎的な見解と臨床的な見解のギャップを補完する,あるいはそのギャップを解明する極めて有効な手法であると考えます。その一方でトランスレーショナルリサーチ(TR)を進めるにあたって,企業とアカデミアでの考え方,進め方,手法のギャップがあることも事実です。本講演では企業と日本のアカデミアがTRで協業するために必要なBio-infrastructureとマインドについて,企業の観点から考察します。

講演2

河野 典厚
日本医療研究開発機構 臨床研究・治験基盤事業部長 創薬戦略部長

「日本における創薬支援(産学官連携に関するAMEDの取り組みを中心に)」

 医療分野の研究開発における基礎から実用化までの一貫した研究開発の推進、研究成果の円滑な実用化及び医療分野の研究開発のための環境整備を総合的かつ効率的に行うため、2015年4月に国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が設立されました。
 AMEDでは、「医療分野研究開発推進計画」に基づきアカデミア発シーズの実用化に向けた様々な支援を行っており、①プログラムディレクター、プログラムオフィサー等を中心とした課題管理・マネジメントを図るとともに、②橋渡し研究拠点や臨床研究中核病院などのARO機能も含めた拠点の強化・体制整備などを通じ、臨床研究・治験の実施環境などの基盤整備にも取り組んでいます。また、昨今の臨床研究環境の変化を踏まえつつ、公的研究資金と民間資金を有効に活用した産学官連携に関する事業にも積極的に取り組んでいるところです。
 今回の講演では、AMEDの役割をご説明しつつ、様々なAMED事業の中から産学官連携に関する取り組み例として、レジストリの構築(CIN:クリニカル・イノベーション・ネットワーク)、生物統計家人材育成及び創薬にかかる産学連携支援(GAPFREE)をご紹介し、今後の産学官連携のあり方などに関する議論の素材となればと考えています。

講演3

現在調整中

講演4

米盛 勧
国立がん研究センター中央病院 乳腺・腫瘍内科

「産学連携による臨床開発の促進の事例:MASTER KEY Projectとは?」

 転移・再発しているがんは、がんが血液やリンパ流を介して全身に広がっている状況であり、通常、局所療法の対象とならず、全身療法の対象となる。全身療法は薬物療法を指し、抗悪性腫瘍薬剤として、殺細胞薬、ホルモン治療薬、分子標的薬、免疫抗体等と様々なものがある。このような医薬品は、臨床試験によりその有効性や安全性について検討され、臨床的位置づけのある医薬品については薬事承認・保険適用となり、医療で使用できるようになる。臨床試験は通常、第I相試験で治験薬の安全性・用法・用量の評価、第II相試験ではどのがんでどの程度効果があるか有効性の評価、第III相試験は、ランダム化比較試験といい治験薬と既存の治療との比較による有効性の評価が行われる。ランダム化比較試験はかなり多くの患者さんが参加する必要のある試験である。肺がん、胃がん、大腸がんといった患者数の多いがんにおいては、このような第III相試験での評価を前提とした臨床開発が可能であり、多くの企業が様々な治験薬の臨床試験を実施し開発は活発である。一方で、10万人あたり6例未満の患者数である希少がん領域では、患者数が少ないことから第I相から第III相試験といった通常の臨床開発が困難であるために、企業の開発も患者数の多いがんに比べて活発とは言えない。臨床開発の少なさは、治療薬の少なさ・無い状況に直結するため、希少がんの診療は患者数の多いがんに比べて難渋することが多い。国立がん研究センターでは、2014年に希少がんセンターを開設し、希少がんの診療に力を入れているところであり臨床開発を活発化させることが重要と考えている。研究者として、開発の課題・解決を検討し実行することが重要であり、我々は2016年5月より、希少がん・原発不明癌・希少な組織型のがんを対象とした、MASTER KEY projectという臨床研究を展開することで希少がん特有の課題を解決し臨床開発の促進を目的とした研究を開始している。本講演では、MASTER KEY projectの概要を説明する。

ヤング・サイエンティスト・シンポジウム >「マンスフィールド-PhRMA研究者プログラム」とは

2013年から「ヤング・サイエンティスト・プログラム」の一環として米国研究製薬工業協会(PhRMA)の支援のもと、モーリーン・アンド・マイク・マンスフィールド財団(本部:米国ワシントンDC)とともに実施している、グローバルに活躍する人材育成を目的とした米国研修プログラムです。本年9月の実施で、第5回目を迎えました。

具体的には、医薬に携わる日本の若手研究者を米国に短期間派遣し、米国におけるトランスレーショナルリサーチ、保健医療政策、医薬品研究、規制慣行について知見を広げ、この経験をもとに新たなシーズ創出へと活かす機会を提供しています。

派遣される日本の医療・医薬品研究分野に携わる研究者の方々は、ワシントンDC、フィラデルフィアおよびボストン等において、米国政府の医療政策部署、シンクタンク、医薬品研究部門、民間製薬会社、大学等における関係者が、それぞれ新薬開発から製品化に至るまでの過程でどのように連携しているかを含め、米国のトランスレーショナルリサーチや医療エコシステムの実情を幅広く学ぶ機会を得ています。

※2016年9月訪米中の様子

今回のシンポジウムでも、企画段階から「マンスフィールド-PhRMA研究者プログラム」参加経験者の皆様にご協力を頂きました。

プログラム詳細、モーリーン・アンド・マイク・マンスフィールド財団に関しましては、下記リンクからもご参照頂けます
The Maureen and Mike Mansfield Foundation

【2016年プログラム参加者の声】

●藤田浩二 氏(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 整形外科 )
米国で最先端のトランスレーショナルリサーチに触れ、日本の目指すべき方向、取り入れることができる内容を考えてきました。
日本でのトランスレーショナルリサーチ発展に貢献できるよう努力します!
●島津 裕 氏(京都大学ウイルス・再生医科学研究所)
大変貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました。
Translational Researchとは、単なる橋渡し研究ではなく、もっと裾野の大きい概念だということを肌で感じた2週間でした。今回得られたことを、少しでも後進に伝えていければと思っています。
●大浜 剛 氏(山口大学共同獣医学部)
2週間のプログラムは驚きの連続でした。アメリカの医療エコシステムには日本に比べて遥かに多くのステークホルダーが存在し、そのことがトランスレーショナルサイエンスの発展の基盤となっています。日本はかなりのビハインドを負っており、個人のマインドから社会構造まで様々なレベルで変革が必要であると感じました。今回の経験を個人として、また一緒にプログラムに参加した皆さんとどう生かして行くか、難しい宿題を頂きましたが、必ず何らかの形で貢献して行きたいと思います。このような機会を与えて下さいましたPhRMAおよびマンスフィールド財団の関係者の方々に深謝致します。
●中田はる佳 氏(東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センター 公共政策研究分野 特任研究員)
2週間の短期間で30件近い訪問や面談の機会をいただきました。米国のトランスレーショナルリサーチの関係各所を網羅的に見ることができ、全体像をつかむことができました。訪問先の方々、面談相手の方々はもちろん、異なるバックグラウンドながら同じ関心を持つ参加者の皆さんとも交流を深めることができ、人脈形成にも有意義でした。今後キャリアを考える上でも非常に参考になり、今回得られた知見を今後最大限に活用・還元していきたいと思います。
●橋詰 淳 氏(名古屋大学神経内科)
2016年9月11日から9月25日まで、2週間をかけてワシントンDC、ボルティモア、フィラデルフィア、ボストンでの会合と現場視察を通じて、米国のトランスレーショナルリサーチを培うエコシステムについて学ぶ機会をいただきました。私の日常業務における今までの体験は、医師主導治験の調整事務局の一員として治験を遂行すること、またPMDAの専門委員として医薬品評価にかかわることでしたが、本プログラムで米国における医薬品開発のエコシステムを実感することで、私の現在の日常業務の位置づけが理解でき、そして、今後目指すべき方向性が示されたように感じています。
●西村幸香 氏(国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課)
このたびはプログラムに参加させていただき、ありがとうございました。
2週間で約30ヶ所を訪問するという弾丸ツアーでしたが、多数の機関やグループがそれぞれに異なった方面から医薬品開発や医療政策に関与して実用化が進められ、人材や資金、技術が好循環するサイクルを形成している米国の現状を実感することができました。 今の自分にできることとして、まずは今回の経験を周囲の仲間に共有するという小さな一歩から 始めたところですが、今後、スカラーの皆さんとネットワークを広げながら議論を深め、 日本の実情に合ったトランスレーショナルリサーチの推進に向けて努力していければと思っています。
●加藤竜司 氏(名古屋大学大学院創薬科学研究科)
マンスフィールド-PhRMA研究者プログラムでの2週間は米国における薬を生み出す社会全体の取り組みを、政策、司法、規制、研究、ビジネス、そして多くの人との出会いを通じて学ぶことができた素晴らしい体験の連続でした。

このようなプログラムに参加できたことは、一人の研究者として、光栄の極みでした。
研究者、また、アカデミアの教育者の一人として、素晴らしいプログラムをご提供下さった皆様に深く感謝しております。
おそらく、日本国内を見渡しても、これほど多くのトランスレーショナルリサーチにおける米国の現場を巡り、創薬を巡るエコシステムを深く知ることができる体験を個人レベルで得ることは不可能だと思います。

米国のエコシステムを多面的に体験することができるよう緻密にデザインされた2週間のプログラムのお陰で、創薬を生み出すエネルギーは、どこから来るのか、そして、それをいかに「湧き出させて」いるのか、を初めて体験することができました。
また、日本では「病院~製品販売までの架け橋」というように捉えていた「トランスレーショナルリサーチ」が、「販売」や「ビジネスの成功」が最後ではなく、「薬を受け取る人達」を極めて強く意識した、熱意に満ちた潮流であることを知ったことは、創薬の一端に携わる人間として大きく研究観を変えるものでした。

今回得られた知識と経験を、日本社会にいかに広く発信・還元できるかは、素晴らしいプログラムを提供してくださったマンスフィールド財団とPhRMAへのご恩に報いるため、そして、本プログラムが目指しているもっと大きなゴールである世界に新しい薬を生み出す一助となるために、我々が2週間で受け取った大事なバトンだと感じています。少しずつですが、このバトンを送っていきたいと考えています。

本プログラムを見つけられた研究者の方には、想像を超える大きなものが得られるプログラムであり、何を置いても挑戦されることを強くお勧めします。
ヤング・サイエンティスト・シンポジウム >アーカイブ

■『第4回ヤング・サイエンティスト・シンポジウム』
あなたの研究が世界を変える
~基礎と臨床の架け橋 トランスレーショナルリサーチの未来~

日時:
2016年12月1日(木) 第1部11:55~12:45 第2部18:15~20:15
会場:
パシフィコ横浜 会議センター
主催:
第39回日本分子生物学会年会・米国研究製薬工業協会(PhRMA)共催
後援:



厚生労働省、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)、
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)、
日本製薬工業協会(JPMA)、欧州製薬団体連合会(EFPIA)、
一般財団法人バイオインダストリー協会

■『第3回ヤング・サイエンティスト・シンポジウム』
トランスレーショナルリサーチの実践
~産官学 若手研究者がリーダーシップを発揮する時~

日時:
2015年12月10日(木) 9:00~14:30
会場:
京王プラザホテル
主催:
第36回日本臨床薬理学会学術総会・米国研究製薬工業協会(PhRMA)共催
後援:


厚生労働省、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)、
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)、
日本製薬工業協会(JPMA)、欧州製薬団体連合会(EFPIA)

■『第2回ヤング・サイエンティスト・シンポジウム』
飛躍するトランスレーショナルリサーチ
~若手研究者の成長と、産官学の連携を目指して~

日時:
2015年1月24日(土) 14:00~19:00
会場:
フクラシア東京ステーション
主催:
国立大学法人千葉大学・米国研究製薬工業協会(PhRMA)共催
後援:


独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)
日本製薬工業協会(JPMA)、欧州製薬団体連合会(EFPIA)、厚生労働省、文部科学省

■『第1回ヤング・サイエンティスト・シンポジウム』
グローバル時代の創薬オープン・イノベーション
産・官・学それぞれの若手研究者への期待

日時:
2013年8月31日(土) 13:00~17:30
会場:
東京大学本郷キャンパス「伊藤謝恩ホール」
主催:
東京大学・米国研究製薬工業協会(PhRMA)
 
日本製薬工業協会、欧州製薬団体連合会(EFPIA)
後援:
独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)
ヤング・サイエンティスト・シンポジウム >関連リンク
Copyright (C) Young Scientist Symposium All Rights Reserved.